RECOMMEND
サン=ジェルマン=デ=プレ入門
サン=ジェルマン=デ=プレ入門 (JUGEMレビュー »)
ボリス・ヴィアン, 浜本 正文
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
JOYCE with special guest ROBERTO MENSCAL@ブルーノート東京

もちろん今年も行ってきましたよー
JOYCEライブ in ブルーノート東京!

例年7月来日するJOYCEが
今年はなぜか9月、とちょっと遅め
きっとわたしの帰国に合わせてくれたのね!
とうぬぼれつつ(うそです、おそらくこれに合わせたのでしょう)
堪能してまいりました

今年はちょっと後方の席にいたので
ステージ全体が見渡せてよかったです
お客さんの様子も見れたので
わりと幅広い客層だったんだなあ、と思ってみたり

年に一度の贅沢な時間
また来年も行けたらいいなあ

| 音楽 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
フランスにおけるブラジル年
今年は「フランスにおけるブラジル年」だそうで
パリでも数々のブラジル関連のイベントが開催されています

で、先日パリスコープ(「ぴあ」みたいな雑誌)を
パラパラっとチェックしていたら
なんとJOYCEのライブ告知が!
しかも安い!!(学割で15ユーロ=2,000円ちょっと?)
早速予約して行ってきましたよー
続きを読む >>
| 音楽 | 06:21 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
JOYCEライブ@ブルーノート東京

これがなくっちゃ
夏が来た気がしない

ということで
今年も行ってまいりました
ブルーノート東京
お目当てははもちろんJOYCE!
続きを読む >>
| 音楽 | 00:44 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
Chansons De Films
Chansons De Films
Chansons De Films
Anna Karina

2月に観たゴダール映画特集以来
アンナ・カリーナの劇中で歌う歌を
もっと聞きたいなー思ってて
サントラコーナーなどを見て回ってるうちに
見つけたのがこのCD

映画の中で彼女が歌った曲と
彼女以外の人がが歌った曲のカバーで構成されているこのCD

「Angela(アンジェラ)」by 女は女である
「Ma Ligne Du Chance(私の運命線)」by 気狂いピエロ
などなど、まさに聴きたかった曲満載で
うれしい限りです
続きを読む >>
| 音楽 | 05:46 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION
DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION
DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION

FNACで偶然発見したので
軽い気持ちで買ってみました
しかしこれ、素晴らしいです

映画「エターナル・サンシャイン」もそうだけど
この人の作品って非日常と日常が違和感なく両立してたり
妙にアナログだったりするところが
新鮮だし、面白いなー

しかし、日本版はちょっと高いかな…
わたしが買ったのは15ユーロぐらいだから2000円ちょっと?
でもブックレットに全日本語訳がついてるのは惹かれる

今度はスパイク・ジョンズの作品集も買ってみよっと
| 音楽 | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
Carla Bruni/Quelqu'un m'a dit 〜風のうわさ
ケルカン・マ・ディ ~ 風のうわさ
ケルカン・マ・ディ ~ 風のうわさ
偶然TVで表題曲
「Quelqu'un m'a dit 〜風のうわさ」
のPVが流れているのを目にして
なんとなく気になってアルバムを購入して以来
毎日のように聴いています

表題曲はもちろんいいのですが
なんといっても4曲目
「La Noyee/溺れるあなた」!
Serge Gainsbourgのカバー曲なのですが
こんなところで聴けるとは思ってもみませんでした
原曲を変にアレンジすることなく
淡々と歌い上げていてとてもステキなのです

シンプルでとても心地よいアルバムなので
興味を持った方はぜひぜひ聞いてみてくださいな
| 音楽 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ